Topic outline

  • ご案内

    この講座は、川崎市麻生区 令和2年度麻生市民館市民自主学級事業として開催されるものです。
    会場の麻生市民館と富山からのオンライン講義により開催します。

    【期間・時間】 令和2年9月5日〜10月24日 
            全5回 14時〜16時
    【会   場】 麻生市民館(第1会議室)
    【目的・ねらい】
    (1)会社勤めを終えた市民の経験、ノウハウ、ネットワーク等のリソースを地域社会に生かしたいと思う人々に対して、具体的にそのリソース等を地域活動に活かす機会、場面、可能性を創出します

    (2)蓄積しているリソース等を活かす手法として、「市民講師」という「形」に取りまとめ、そのコンテンツ等を、市民に向けて広く公開することで、地域課題の解決、地域活性化等に寄与します。

  • 第1回 さまざまな市民講師の活動を知ろう

    9月5日(土)午後2時〜午後4時

    ◾️講師(会場)    葉倉 嶺雄

     オンライン講師(富山) 柵  富雄

    ◾️プログラム

     1 オリエンテーション

      講座の目的と全体の流れ

     2 ミニレクチャー「さまざまな市民講師の形」

     3 ワークショップ「知識・経験の発掘」

     4 次回の予定

    Page: 1Folder: 1
  • 第2回 学びのニーズを考えよう

    9月12日(土)午後2時〜午後4時

    ◾️講師(会場)    葉倉 嶺雄

     ゲスト講師(会場)  麻生区役所まちづくり推進部企画課担当係長 石川武彦氏

                                             近藤 慎司氏(日本青年館 「社会教育」編集長)

     オンライン(富山)  柵  富雄

    ◾️プログラム

    1.   事務連絡/全体説明  (事務局)               

    2.   講演 (講師 麻生区役所まちづくり推進部企画課担当係長 石川武彦氏)
     ・川崎市麻生区の現状、課題等       

    3. 講演 (講師 近藤真司氏) 
       ・地域づくりに果たす役割とは  

    4. ワークショップ (講師 近藤真司氏) 
       ・地域における学びのニーズ〜市民講師への期待〜              

     5質疑応答

    ・次回の説明 


     


    Page: 1Folder: 1
  • 第3回 講座の開催プログラムを考えよう

    10月3日(土)午後2時〜午後4時

    ◾️講師(会場)    葉倉 嶺雄

     オンライン(富山)  柵  富雄

    ◾️プログラム

    1.   経験・学びを生かしたい対象のニーズ(ワークシート2)の発表             

    2.  オンラインレクチャー (講師 柵 富雄)
     ・「学びのニーズと出番づくり」

    3.グループワーク 

       ・「あなたの経験を生かすために − いろいろなニーズと課題 −」  

    4. グループ発表

       ・「経験・学びを生かす対象とニーズに応えるために」   

    5.オンラインレクチャー (講師 柵 富雄)

     ・「講座開催プランを考える」

    6. 次回に向けて

    Page: 1Folder: 1
  • 第4回 開催するための準備とプランを考えよう

    10月17日(土)午後2時〜午後4時

    ◾️講師(会場)    葉倉 嶺雄

     オンライン(富山)  柵  富雄

    ◾️プログラム

    1)活動プラン(案)の発表(20分)

     「ワークシート3」をもとに、現時点での活動案(講座開催案)を発表

    2)レクチャー(20分)

     「講座を設計する」 柵 富雄(リモート)

    移動/休憩(5分)

    3)グループワーク(30分)

     「講座開催案の具体化」

     移動 会場に戻る

    4)グループ発表(20分)

     「講座開催に向けての課題と対応」

    5)全体協議(20分)

     「講座開催を計画する」


    6)次回の概略説明




  • 第5回 講座開催プラン発表会

    10月24日(土)午後2時〜午後4時

    ◾️講師(会場)     葉倉 峰雄

     オンライン(富山)  柵  富雄

    ◾️プログラム

    1)講座開催プランの発表(100分)

     「講座設計書」をもとに、講座開催案を発表

    2)講座の振り返りと今後に向けて

     

    3)修了アンケート


    4)修了